ワークショップ参加者の声


■ 小学生の感想


 「私は1人で帰ります。安心して帰れると思いました。」

 「劇に出てすごくドキドキしました。でも、言いたいことが言えてよかった。」

 「私は女の子だけが襲われると思っていました。」
  違うということがわかりました。」

 「私は1回○○さんたちと前に出ました。」
  1人より大勢いたほうが心細くないことがわかりました。」

 「いじめに遭っている人がいたら、すぐに助けてあげたい。」



■ 担任の先生の感想


 「子どもの声に耳を傾けどんなことにでも相談に乗れる人になりたいと
  思いました。」


 「子どもたちにぜひ、CAPのワークショップを受けさせたいと
  思っていました。新聞に紹介されている記事を見てずいぶんたちます。
  もっとたくさんの子どもたちがワークショップを受けられるといいですね。
  「安心」「自信」「自由」の権利を、日々子どもたちから奪ってないかなと
  反省しました。
  子どもたちに「安心」「自信」「自由」を保障していける環境を整え、
  サポートしていけたらと思います。
  また参加できたらいいなと思います。(今日で3回目です)」



■ 中学生の感想


 「自分にすごく近い話だったから、想像しやすかった。
  知らない人から、知っている、信頼している人から安心、自信、自由を
  奪われた時、今日ここで話したことが本当にできるようにしたい。
  今の世の中、自分の権利を守るためにはそれなりの勇気が
  いると思った。」


 「今日はじめて参加したんだけど、学校では話さないこと、
  家庭でも話さないこと、でも生きている私達には本当に大切な
  ことがたくさんあったと思います。
  同世代の人と、1つの問題について意見を深めていくことは
  とても自分にプラスになってよかったです。
  今日はありがとうございました。」



■ 地域の大人・保護者の感想


 「CAPの大人ワークショップを聞くのは4度目になります。
  私はこのプログラムを子ども自身がクラス単位、学校単位で
  聞くことが大切で、意味と効果が出てくると思います。
  いじめがなく、人間らしく生きるために必要な教育だと思うし、
  一番大切な教育だと私は考えています。」


 「小さい子どもでもできることはあるんだ! 防げることは
  あるんだということを知りました。新しい発見でした。
  子どもに伝えていきたいと思います。本日はありがとうございました。」



 

広島発サクセスストーリー


 サクセスストーリーとは、CAPワークショップを受けた子どもたちや
 大人たちが、CAPで学んだことを使って、実際に問題解決した話です。


■ 小学生

 「トークタイムに来てくれた女の子が「今まで誰かに話しても
  どうにもならないと思って抱え込んでいたけれど今日初めて
  話せてよかった。」と笑顔を見せてくれた。


 「数年前にあった辛くて誰にも話せなかった出来事の話を
  涙ながらに打ち明けてくれた。
  CAPを信頼してくれたこと、その子が自信を取り戻して
  前進できたことが嬉しい。」


 「ある学校でのワークショップのあと、たまたま出会った
  その学校の女子から「CAPのおばちゃん、あのあとから
  私をいじめていた子が優しくなったよ。」と言ってくれた。」


 「小学校低学年の頃、お母さんの弟から性暴力を受けたことを
  話してくれた小5の女児。「今度同じことが起きても
  自分を守れるよ。」と力強く話してくれた。」